様々な集団を通して磨かれていく社会で暮らすための力

人間は、一人で生きていくのは難しい動物です。そのため何らかの社会に所属して、共に助けあいながら生活していく必要があります。

 

そうした社会というものは人間の成長段階などにおいて次第に変わっていくもので、例えば子供の頃などは近所の友だちやその親といった狭い社会の中で過ごすことになります。そこでは子どもだからといって好き勝手に過ごすことはできず、友だちに嫌われないよう行動し、親から色々な社会で暮らす上のルールを教わりながら成長していきます。

 

学校に入学すると、そこにはさらに複雑な社会が存在しています。多くの個性の異なった人たちと生活していきながらコミュニケーション能力を磨いていく必要があります。さらにクラス委員や係といったものを通して、社会の中での役割や責任といったものの大切さを学んでいきます。

 

このようにして年齢を重ねながら社会で暮らしていくための力を身につけ、最終的には社会人として働くことになります。そこでは社会で暮らすための能力はもちろんのこと、様々な困難を解決していくための知識やスキルも求められます。

また、会話を交わす相手の年代も一層広がることになるので、より柔軟なコミュニケーション能力が必要になってきます。一つの社会だけにとどまっているとそうした力も身につきませんから、小さい頃から色々なコミュニティに顔を出すことが重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ